FC2ブログ

海老カツ&ポークウインナーロールフライ

海老カツ&ポークウインナーロールフライ
えびかつ

 ・海老の半分を包丁の峰のほうですりつぶし、半分はみじん切り
 ・後は、玉ねぎ、とき卵、パン粉、牛乳、塩、胡椒と
  ハンバーグの要領で種を作ります
 ・普通のフライと同じように小麦粉、とき卵、パン粉をつけて
  からりと揚げます

 ・ウインナーロールは、薄切りのポークに軽く塩コショウして
  ウインナーを巻き、同じようにフライにします
  * 本当は紫蘇を一緒に巻き込みたかったけど
    アッキーが紫蘇は苦手なので・・・・・
 
夕食

ある日の夜のこと・・・・
このねじをぎゅうって締めてくれる(^ ^)
・・・・・
そしたら、この紐、チョキチョキって切ってくれる(o^^o)
・・・・・)`ε´(
ありがとう(#^.^#)
・・・・・(ー_ーメ)
どうかした(・_・;)
あのな、ぎゅうとかチョキチョキとか擬音語使わんでよろしい
「ネジ締めて、紐切って」言うたらわかるんや
小学生やないんやからゞ( ̄ー ̄*)

仕事柄(教師)ついくせが出てしまっって、ごめんね(*^_^*)
ちゃう、ちゃう、仕事柄やない
しっかり大阪のおばちゃんになっとる( ̄ー ̄)ニヤリッ

( ;^^)ヘ..

大阪人は人に何か説明するとき擬音語を多用すると言われていますが、
考えれば、私も子どもたちに説明するとき
擬音語や、修飾語、たくさん使っていたような・・・・

クリックをお願いできれば嬉しいです


にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
blogram投票ボタン

 読んでくださってありがとうございます 

5 Comments

駅馬車  

アッキーさんはいつも美味しい夕食をもぐもぐ食べているんですね(^^)

2010/08/25 (Wed) 15:17 | EDIT | REPLY |   
タヌ子  

揚げもの、いいですね。
先日ウインナーにぴったりのマスタードを見つけたので、たっぷりつけていただいてみたいです。
締めると、ぎゅっと締めるではニュアンスが違いますよね。
でも、チョキチョキは確かに要らないかも(笑)
フランス語と比較すると、日本語って擬音語が本当に多いと思います。
この場合はフランスだと『強く締めて』になるのかな。
フランスでは子供に対してもあまり擬音語を使ってない気がします。
擬音語・なんでも可愛いイラストを使うところが日本の幼稚文化の象徴だなぁって感じます。
私もフランス人に比べると性格がかなり子供っぽい所はそういう文化の中で育ったからなのかなと思うこともしばしば(勿論個人差もありますけどね)。

2010/08/25 (Wed) 18:17 | EDIT | REPLY |   
こつこ3  

きゃ~~!
私も言っちゃいますwばば~んとか
シャキーンとか・・・orz
たーくんにも同じようなこと言われて
るかもです~(笑)でも言っちゃうんです!
一生懸命伝えようとする気持ちの表れですw

2010/08/25 (Wed) 18:26 | EDIT | REPLY |   
ちるちる  

ナッキーちゃん、こんばんわε=ヾ(*・∀・)/

うーん♪
エビカツおいしそう!!
これでもかって言うほどの
エビが入ってていいねー♪

2010/08/25 (Wed) 21:58 | EDIT | REPLY |   
ロッキン  

わ~ 綺麗に巻かれてますね~ 断面図が美しいですっ!
揚げ物ってなかなかしないんですが、ナッキーさんのみたら、揚げ物食べたくなっちゃいました。(^^)

うふふ、大阪人は人に何か説明するとき擬音語を多用するんですね~
今度気をつけて大阪出身の友達が話すのを聞いてみよっと♪

おうえん。

2010/08/26 (Thu) 02:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment