FC2ブログ

まりりんとえみりぃ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村

まりりん、退院できました。
ほっとしています。

先日の記事に書いたように、先週金曜日の講座中に元気がなくなったまりりん。
朝は、普通だったんですよ。

maririn父に言わせるとだんだん元気も食欲もなくなって。
いつもは講座終了時には、お帰りになるみなさんに挨拶するのですが、
それもなかった。

ただ、夕飯は食べました。
だから、様子を見ようかということで、その日は病院には行きませんでした。

ところが寝る前に軟便を2回。
その後血便。
嫌な予感が・・・・・・。
6年前のあの時の感じとよく似ている・・・・

寝始めは寝室のベッドだったのですが、リビングのトイレに向かう頻度が多くなり
そのすべてが血便。

まりりんとmaririnhahaはリビングソファーで眠ることにしました。
お互いの負担を減らすために。

でも、負担は減らなかったです。
まりりんが、小刻みに震えるので、排便をしないときは背中をさすって。
10~20分おきにトイレに向かうまりりんをサポートし、
汚物を片付けて。

途中2度ほど嘔吐。

心配になったのか、maririnhahaが寝室に来ないのをいぶかったのか
途中、えみりぃも様子を見に来ました。
ただ、血なまぐさいまりりんが怖かったのか
えみりぃは、ソファーの回りをうろうろ。

かえってまりりんの邪魔になるので、えみりぃは入れないようにゲートを。
朝までまりりんもmaririnhahaも眠ることができず
血便の数は22回を数えました。

土曜日は講座があったので、まりりんをmaririn父に託して病院に。

血液検査の結果は、軽い脱水症状はあるものの、
一つの項目を除いては問題はない。
ただその数値、CRP C反応性蛋白が今でもOVERと赤字で記されているのに
もっと高くなると
腸粘膜への過剰な免疫反応による出血性胃腸炎も考えられるとのこと。

Drから
点滴による治療をし夜間は帰宅、また明日来院で点滴・・・・・を繰り返すか
入院するかの選択を、maririn父、選ぶように言われたそうです。

入院のメリットは、移動などの負担が少ない、
そのときの症状に応じた治療ができる。
ディメリットは、夜0時から翌朝8時まで病院はスタッフが無人になること、
まりりんが、置いて行かれたと精神的に弱ることなどの説明を受けたそうです。

まりりんんも心配だけれど、
家に連れ帰ると、前夜一睡もしていないmaririnhahaが、昼間講座をこなし、
一昼夜以上寝ない状態で夜を迎え、
また、まりりんの血便の世話をしなければいけないこと。
たとえmaririn父と世話を交代するとしても、
気配でmaririnhahaは起きてしまい寝ることはできず、
えみりぃも落ち着かなくなってしまうことなどを考え、
入院させることを選んだそうです。

一番嫌いな場所において行かれちゃった、心細いだろうなと思ったものの
確かにmaririn父の言う通りでもありました。
まりりんが戻れば、2昼夜以上寝ずになってしまうこと・・・。

まりりんがいない夜、今度はみりぃが血便と下痢。


その日の講座で元気がなかったえみりぃを見ていたえめちゃんママさんが
腹巻のことや食べ物の配慮などをLINEで知らせてくださいました。

早速、腹巻を縫って、えみりぃに。
体高が低いワンちゃんは、床の冷たさが響き
おなかの調子を狂わせるそうなのです。

翌日日曜、多少便はゆるいものの大丈夫そうだったので安心していると
夕方、再び下痢と血便。
えみりぃも病院に。

えみりぃは、まりりんと違い食欲があり、元気。
入院せずに、投薬でなんとかなるだろうとの診断。

まりりんは落ち着いてきたので、月曜には退院してもいいとDr。

帰宅し、えみりぃ、寝る前に血便と下痢。
翌、月曜朝も下痢と血便。
お薬の効果がないようなので、退院のまりりんを迎えに行きつつ、
えみりぃも診ていただくことに。

結腸にポリープができていないかを触診。
ポリープはないけど、大腸からの出血が考えられ、
微熱と体重も減って脱水症状を起こし始めているので点滴を。
下痢止めとビタミン剤も投入。
食欲があるので、入院はせずに帰宅。

車の中の2ワン。

IMG_6236.jpg

IMG_6234.jpg



今の様子ですが、
病院臭があるせいか、えみりぃ、まりりんに近づきません。

IMG_6248.jpg

IMG_6250.jpg


普段並べてあるまりりんとえみりぃの二つのトイレ。
えみりぃ、そこではできず、離れておいてあるトイレでします。


もう少し落ち着いてからでないと2ワンともシャンプーできないので、
しばらくは、くっつく姿はみられないかな。

IMG_6246.jpg


IGやメールなどでご心配をいただきありがとうございました。
今回は、早めに病院に行ったせいか、6年前の二の舞にならず
ほっとしています。


ランキングに参加しています
ブログをお持ちでない方もポチしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村


jumpenjiA.png 一緒にオンリーワンの犬服を作ってみませんか

犬服教室 Petite Kanon


ネットショップは 小さな犬服 花のん


          
ご訪問ありがとうございます