FC2ブログ

簡単にですが~ 犬服教室

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村


昨日は、一日中発熱もなく吐き気もなくの日を過ごせました。
まだ薬を飲んでの状態なので、
飲まなくなってもこのままいられたらと思います。
簡単更新ですが、せっかく受講生の方が頑張って縫われたものなのでご紹介を。

火曜日は1年目ホビー講座。
こちらは、ちろるちゃんママさんのセーラーバルーン。

tiroru.jpg

チロルちゃんママさん、通い始めて10か月目ですが
すでに100枚の犬服は縫われたとか。

今回の犬服も、できるところは予習しておこうと
すでにバルーンの身頃は縫われての参加でした。

ファミリアスタイルで入園式をイメージだとか。
可愛いです。


こちらははなちゃんママさん。

hana_20190313213613bfe.jpg


やはりバルーンの後身頃は家で予習されての参加。
ネイビーと白、切り替え部分の赤いレースがトリコロールになっておしゃれです。
もしかしたら、はなちゃんがママさんになる日も近いかもとのこと。
その時ははなちゃん親子コーデを縫えますね。


こちらはダックスのジェイ君ママさん。

zyei.jpg

男の子なのでオーソドックスにタンクトップで。
でも、とても素敵なセーラーの色。
身頃のカラーボーダーとぴったりです。


皆さん、レシピを読まれて自分でできるところは予習されてくる、
その姿勢に頭が下がります。

20190312_060343182_iOS.jpg


今日の花のんメイトさんは海大君。

残念なことに最近、空に旅立ってしまいました。
今回の写真が花のん最後の着画となってしまいます。

今まで海大君に花のんの新作を着てもらえること、
それがmaririnhahaにとっても大きな励みだったので
とても残念です。

u-ta.jpg

海大君が結んでくれたご家族の皆さんとの絆、
喜んでいただけたこと
私の励ましとなる貴重なお言葉
これからも決して忘れることはないと思います。


海大君ママ様、今までありがとうございました。




ランキングに参加しています
ブログをお持ちでない方もポチしていただけるとうれしいです


にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村


jumpenjiA.png 一緒にオンリーワンの犬服を作ってみませんか

犬服教室 Petite Kanon


ネットショップは 小さな犬服 花のん


          
ご訪問ありがとうございます
時間の都合でコメントへの返事は
ブログ訪問&応援&コメントに代えさせていただいています

5 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/03/14 (Thu) 00:37 | EDIT | REPLY |   
ショーン  

ショーンです
おぉ、セーラーバルーン、お洒落ですね。
えっ通い始めて10か月目!にビックリですが
すでに100枚の犬服は縫われたとは…すごい!
★温かいコメント、ありがとうございます。
私の昔のブログを読んでくださってたんですね♪
今日の私の記事はぴいこ&ふうこさんが
「ショーンさんの後ろからの撮影はラビさん
ですか?」という質問への答えでした。
懐かしい思い出が私の頭の中で一気に爆発しました。
年賀状は届くが、ブログではお目にかかれなくなった
そんな方が私も増えてしまって残念です。
過去の記録・記憶はブログに残っているので、
最近は過去記事を複数編集して新しい道を発掘しています。

2019/03/14 (Thu) 15:02 | EDIT | REPLY |   
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/03/14 (Thu) 18:13 | EDIT | REPLY |   
クルーズママ  

お大事になさってくださいね!
季節の変わり目は体調を崩しやすいです・・・
ご無理されませんように♥️

海大くんのご冥福をお祈りします

2019/03/14 (Thu) 19:15 | EDIT | REPLY |   
ショーン  

ショーンです。長いご無沙汰でした。
ブログの更新が停止したのは、私のブログが
起動しなくなったためです。
メーカーに依頼し、基盤交換となりました。
メモリ内の情報を残して頂くことを条件に
8月7日修理に出しました。
本日21日修理を終えて戻り、記事アップが
できるようになりました。

もう一つ ご心配をおかけしたのはふぅのこと。
蛋白質の過剰摂取が原因だったのですが、
6月下旬に急に食欲をなくし、血液検査で腎臓の
数値の悪化が見つかりました。
フードを次々と変更しても、数日後には食べなくなる…
かなり悩ましい状況となりました。
そんな折、札幌の友人より力強い情報を頂きました。
少量の肉片を砕いて食欲を引き出すこと、消化管内の
リンを吸着し、窒素物を吸収してしまう薬を利用すること。
悪化した腎臓のBUNは下げられないものの、維持することは
可能となる可能性が見えてきました。
粉砕の肉片は、食べないふぅをガラリと変えました。

2019/08/21 (Wed) 16:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment