FC2ブログ

瞳のタペタムの違い

夕方の室内撮影。
iphpneがフラッシュ撮影に自動的に変わりました。

おや?
えみりぃの目がキラリ。

20180107_075644074_iOS.jpg


場所のせいかな。

20180107_075735332_iOS.jpg

今度はまりりんが前でえみりぃが後ろ。
やっぱりえみりぃの方がキラリ。

同じ位置に並んでもそう。

20180107_075822525_iOS.jpg


ワンコは暗いところでも輪郭が判断できるようなシステムを目の中に持っています。
それが、タペタム層。

ただすべての犬が同じように持っているとは限らないそうです。
ワンコは目の形や色に違いがあります。
シベリアンハスキーのようにブルーの瞳のワンコはタペタムがないとか。

黒目がちなワンコはブラウンの瞳のワンコより
虹彩(光を瞳孔に取り入れるための調節器)が大きいようで
その分タぺタムも大きいという説があります。

確か、人でも暗い色のサングラスをかけるとものをよく見ようとして瞳孔が広がる。
そのため、紫外線吸収量も多くなり白内障を促進すると言われています。

まりりんとえみりぃの瞳の色を比べると、
まりりんはブラウンですが、えみりぃはまりりんより黒目がち。
それでタぺタム層が大きいのかな。


と、ここまで考えていたら、えみりぃの白内障が心配になってきました。
若年性の白内障にならないよう、
お散歩時間などの注意が必要ですね。


ランキングに参加しています
ブログをお持ちでない方もポチしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


          
ご訪問ありがとうございます